むらかみ整骨院 京田辺

寝る前スマホについて

2017年03月25日

こんにちは、京田辺院の石積です。

皆さん寝る前にスマートフォンを使用していませんか?

寝る直前のスマートフォンの使用は、睡眠不足につながります。

睡眠不足は肥満や高血圧などの原因にもなります。

寝る直前までスマートフォンが手放せない「寝る前スマホ」をしている人が増えてきました。

床についた後に、携帯電話を会話やメールのために使用する頻度が多い人ほど、睡眠の問題を抱えていることがわかっています。

「寝る前スマホ」は睡眠不足につながるようです。

「寝る前スマホ」が睡眠不足につながる理由は、いくつか考えられています。

スマホを真剣にいじって脳が興奮し、なかなか寝付けないことがあります。

中には、友だちからの連絡がいつ来るのかと思って待っていてしまう人もいるかもしれませんし、着信音で目が覚めることもあります。

また、自然な睡眠を誘う「メラトニン」というホルモンがありますが、スマホなどの光を夜に浴びると、このメラトニンの分泌量が抑制され、寝つきが悪くなってしまいます。

ぐっすりと眠るためには、睡眠前の準備が大切です、これを「睡眠衛生」と言います。

スマホは便利な器械ですが、睡眠の質を悪くしないように上手に使いましょう。

×